ワンセントラル物件引渡し確認に行ってきました。

7月23日から7月26日まで、フィリピンの不動産ワンセントラルの引渡し確認に行ってきました。

全体のスケジュールは

7月23日 移動 成田-マニラ JL741 カバヤンホテルパサイ泊
7月24日 マニラマカティ ワンセントラル引渡し確認、
             運営方法打ち合わせ
             ビーコン見学
     移動 マニラ-セブ 
7月25日 セブ 市内見学、マクタン見学
7月26日 帰国 セブ-マニラ-成田

でした。

今回、関係した会社さんは4社
メガワールド社 フィリピンNo2の不動産施工会社。今回のワンセントラルを建てた会社です。
グローバルアジアインベストメント(グローバル社) 僕にこのワンセントラルを売った不動産管理会社
TMS社 フィリピンの不動産会社で、グローバル社と提携している不動産管理会社
CPM社 TMS社の関連会社で不動産の運営管理をする会社

多いですね。

ホテルにピックアップはCPM社のKさん。日本が上手なフィリピン人。聞くと、生まれも育ちも日本だそうです。感性も日本人と同じなので話は微妙なコミニケーションも問題なし。

引渡し現場、ワンセントラルには早めに到着。
そこに、グローバル社のEさん到着。時間があるので、簡単に契約書の説明をしてもらいました。

そのあと、TMS社のEさん、到着。引渡し検査の検査をやっていて、もう、100部屋も検査しているそうです。
だいたい、どこに問題があるか、十分把握していました。

最後にメガワールドのRさん到着。

そこで、引渡しの部屋に入って、検査を。

まあ、まあ、綺麗にできています。

どんな基準でいいか悪いか、困っていると、TMSのEさんがチェックシートを基にチェックをしていきます。

ここの塗装がのっていないとか、押入れ上段のとびらにガタがあるとか、洗面所に下の収納場所の上のところに敷居板がないとかいろいろ見つけています。

さすがに100回も検査していると本当に慣れているようです。

僕が来るまでも無かったようです。

僕もEさんのまねをしてチェックすると、ベッドルームのとびらに変色のあとがあったりしました。

とりあえず、TSMのEさんが指摘事項をまとめて、メガワールド社に提示。

修正依頼をしました。

修正後の再確認はTSM社に依頼をしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ