フィリピンナショナルバンク(PNB)の口座をつくりました。

海外不動産投資をやるのに必要なものは、お金の送金です。

郵便局とか銀行から送金ができますが、
やってみるとわかりますが、
原始的です。

用紙の書くのですが、手書きで書くと不安です。
まず、アルファベットを読み間違えられたらどうなるとか心配です。

記入する項目も多いのですが、絶対に必要な項目とあればいい項目とか分からないこともあります。

用紙を記入した時点で絶対届くか、局員さん、行員さんはよくわからないと言います。

何日かかるかも分かりません。

あと手数料もよく分かりません。送金手数料、為替の返還手数料、着金手数料、高いのか安いのか適正なのか分かりません。

いまのところ、私は香港のHSBCの口座を持っており、ここから送金しています。

これなら
用紙の記入はインターネットなので、コピペでOK
手数料も明示されているし。
場所にもよりますが、翌日には入金されているので安心です。

ところが、香港のHSBCにお金を振り込むのが面倒です。

そこで、今回、フィリピンの不動産投資をするために、フィリピンナショナルバンクの口座を開きました。
東京の田町にあります。
PNB東京支店

中はこんなところ
IMG_8397

東京支店の口座でなく、フィリピン国内の支店の口座がつくることができます。

持っていく物は
身分証明書2つ(僕はパスポートと運転免許書)
3.5×4.5の写真2枚(と言われましたが、実際は3枚使われました)

チェック口座をひらいたので、小切手を送るための送料が500円。

時間は書類を書いている時間と銀行が処理をしている時間であわせて一時間弱かかりました。

最初は日本語ができる方が対応してくれました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ