当サイトの管理人について

たくさんのサイトの中から当サイトを見つけていただきありがとうございます。

IMG_8079

当サイトの管理人は2009年4月に今まで勤務していた会社を退職。

インターネットのサイトの運営で、生計をたてつつ、
海外不動産投資に興味をもち、不動産投資をはじめたところです。

今は、太平洋大家の会のSE大家たくちゃんに海外不動産投資のことを教えてもらいながら、

少しずつ海外の不動産投資をしています。

>>フィリピン不動産情報はこちら

実際に、フィリピン不動産っていくらぐらいで売買されているの?
という方にはこちらのサイトが参考になります。
↓↓↓↓↓↓

当サイトの質問や意見があれば、kazuhiroara(アットマーク)gmail.com
まで連絡ください。




フィリピン首都圏のホテル投資説明会について

さて、今月5月23日(土)と31日(日)にフィリピンのホテル投資説明会があります。

さすがに、いまからプレビルドのコンドミニアムに投資をするのは考えものですが、ホテル案件ならありかなと思っています。

まずは、円安傾向ですが、日銀が金融緩和を継続しているため、これからも長い目でみれば、円安傾向になると思いますし、

フィリピンはホテルが不足しているみたいだし、

運営会社も実績がある会社ですし、

完成も近いみたいですし、

なんと言っても、説明してくれるのがいつもお世話になっている坂口さんだし、

とは言っても高いものなので、説明を聞いて、じっくり考えたいと思います。

とりあえず、僕は31日(日)の説明会に行ってみたいと思っています。

http://condomakati.net/?page_id=2988&afid=huangmu136




アジア太平洋大家の会さんからアナウンスがありました。

アジア太平洋大家の会さんには、いろいろ情報を提供してもらっています。
そのアジア太平洋大家の会さんからフィリピンのセブの不動産の物件の紹介がありました。

ここから転載です。

人気のフィリピン・セブ島で、ついに出た、「海が目の前」の「投資用ホテル」!最高かつ稀少な立地に加え、一流の運営会社、アバカ・ホテルが運営に乗り出し、投資家に確実なキャッシュをもたらします。

========================================
■日程 2015年2月27日(金)
19:00~21:00(開場18:45~)

■会場:東京都港区高輪3-6-11 K高輪ビル3F
(都営浅草線「高輪台」徒歩4分)

■参加料金:2000円
(※APHOC有料会員は無料でご招待いたします。)

■参加申込リンク

http://asia-pacific.tv/pp/button.php?id=233&skin

========================================

東南アジア屈指の観光地・セブ島。国際空港のある「マクタン島」側、珊瑚礁の海に面した「ファイブスターホテル通り」…客単価2~3万円以上の高級ホテルが並ぶ一角に登場する、話題の建物”Reef 2”を紹介します。18階建て、全180室のうち、

・120室がコンドテル
・60室がコンドミニアム

コンドテル(コンドミニアム+ホテル)とは、「ホテル運営」付きのコンドミニアム。ホテル全体の平均稼働率に合わせて収益が得られるので、投資家にとっては有り難い仕組みです。

海から徒歩10秒で目の前。スターホテルが連なる海岸沿いです。海目の前の土地取得が非常に難しい為、希少性が高くアバカホテルが運用するコンドテルで安定収入を期待出来て、需給バランスも良い独自性が高い物件といえます。

また、コンドテルのオーナーは年間に14日間、宿泊の権利を得られます

セブ国際空港は絶賛拡大中、日本との空路も増え、成田空港とセブとはLCC(セブ・パシフィック航空)で直結し、安いコストで行けるようになり、利用価値が高くなりました。

【紹介する物件】

<THE REEF 2> 2017年第二四半期~第三四半期 完成予定

建物は1F、2Fが駐車場とフロント。3Fdown floorがもう一つのフロントロビー、レストラン、プール。3F upper floor~18Fがコンドテル(投資用ホテル)とコンドミニアムになります。

運用会社は、アバカホテル。アジア屈指の高級なExclusiveなホテルです。起用するデザイナーはハリウッドスター達のデザインしている超有名デザイナーです。 

購入後の費用としては「デベロッパーから購入者への所有権移転時に税金を含めて購入金額の4.5%、家具代45万ペソ(家具代は完成の3カ月~6か月前に支払い)」がかかります。

アバカホテルの運用目安は控えめに年利7%位と想定しています。

5スターホテル通りのマクタン島ビーチ目の前はホテルの平均稼働率が約75%です。今回の年利7%位は稼働率が60%位と少し控え目に想定している状況です。稼働率はホテルへの集客次第で上ブレする事も下ブレする事も考えられます。

今回の物件のポイント。

①ロケーションが申し分ない
②超高級リゾートホテルアバカホテルがホテル運用を担当するコンドテルが中心の物件(安定性が高い)
③独自性が高い
④需給バランスが良い→コンドテルは約120部屋で周辺のホテルの稼働率は平均で75%位。

また、投資家の皆様がお求めやすいように、多様な支払スキームを用意してあります。是非セミナーにお越しください。

【講演者:佐藤大悟氏】

フィリピン・セブに移住し、英会話学校FEA(Firstwellness English Academy)を経営する日本人事業家。同市内にコンドミニアム多数を所有する投資家でもある。良い物件を見つける選球眼はピカイチ。

セブの不動産事情に精通し、現地のデベロッパーや富裕層にも友人知己多数。日本人投資家に利益をもたらす不動産プロジェクトの開発にも意欲的に取り組む。

ここまでです。
なにかありましたら、アジア太平洋大家の会様に確認してください。

m(_ _)m

フィリピン不動産で格安物件が出ました。

コンドマカティネットさんより格安物件の紹介がありました。

1㎡が10万ペソ、11万ペソとか言っている時代なので、1㎡が8.9万ペソは格安かと思います。

完成も近いので、検討してみてもいいかと思います。

物件名:Acqua Private Residences (俗のアクアと言っています。)

住所:2BR/41.25sqm/27F/ http://condomakati.net/?realestate=acqua-private-residences-2br41-25sqm27f

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
Location(住所): マンダルヨン市
Price(価格): P3,700,000
Type(間取り): 2BR
Area(面積): 41.25㎡
Bedroom(寝室): 2
Toilet(トイレ): 1
Shower(シャワー): 1
Building Year(築年): 2015
Developer(デベロッパー): Century Properties inc.
Release Date(公開日): 2015年1月2日
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

高級コンドミニアムの代名詞「ロックウェルセンター」にパシッグ川を挟んで隣接している新しいプロジェクトです。

2015年の上半期に完成予定です。

売主様が少し売り急いでいるため、格安での出品となりました。もう少しで完成する物件がこのお値段で手に入る本物件は大変お買い得です!

詳しくはこちら

参考サイト:condomakati.net




ワンセントラルのうちの部屋が空き部屋になりました。

当方のワンセントラルのワンベッドルームですが、お試し1ヶ月でした。

そのお試し後、用事ができたそうで、日本に一時帰国したそうです。

そのため、空き部屋になりました。

誰か、お金がある人借りてください。m(_ _)m

こんな部屋ですが、カーテンがついたり、いろいろグレードアップしています。




ワンセントラルの領収書が届きました。

私が持っているフィリピン・マニラ・マカティの不動産ワンセントラルの領収書がとどきました。

ワンセントラル領収書

フィリピンの不動産といえば、中間の不動産屋さんがディベロッパーに支払いをしてなかったとかといううわさを聞きます。
(うわさですが)

実際に、転売をしたのに中間の不動産屋がお金を支払ってくれないとかは実際に聞きました。

この領収書も疑えばきりがないのですが、まあ、万が一の時のなにかの証拠になるかと思います。

さて、ワンセントラルの代金ですが、この領収書上では約490万ペソ。

実際に私が購入したのは520万ペソ。

差額は前のオーナーさんの利益です。

(この物件は転売物件になります)

僕が買った日本円の値段はいくらでしょう。

実際に支払った日のレートを調べてみないと分かりません。

分割払いなので。

ちなみに、今日のフィリピンペソのレートは1ペソが2.7円

もし、今日のレートで買っていたら約1400万円になります。

イメージとしては約1000万円で買ったつもりなので、もし、このまま売れたとしたら、400万円の儲けでしょうか。

(実際は売りませんが)




ワンセントラルに賃貸が付きました。

仕事をしていると、フィリピンの不動産管理会社さんから電話が入りました。

賃貸が付きそうだという話。

ただし、1ヶ月のお試し。

どうも、入居者様はフィリピンが始めてのよう。

とりあえず、1ヶ月すんでみて、それから継続するかしないか決めるそうです。

不動産会社の担当者様からそれでOKですかという返事。

こちらも、空室よりはいいので、OKを出しました。

それで、すすめてくれるそうです。

さて、どうなるやら。

フィリピンマカティのコンドミニアムワンセントラルの室内について

先日と言っても、7月24日、フィリピンマカティ市のコンドミニアム、ワンセントラルの室内の確認に行ってきました。

共通部分は以前紹介したのですが、室内を紹介していなかったので、室内の動画をアップします。

その前にワンセントラルの前はこんなところです。
RCBCビジネスセンターの裏側です。

ロビーはこんな感じ

そしてお部屋は

ワンセントラルの鍵が届きました。

フィリピンマカティにあるワンセントラルにコンドミニアムを購入して、いろいろ手続きを進めてきましたが、ついに鍵がメガワールド社から管理不動産会社に届いたとメールがありました。

ワンセントラル

ワンセントラルはフィリピンの経済の中心地マカティにあり、有名なRCBCビジネスセンターのまん前という好立地のコンドミニアムです。

これからの方向ですが、

とりあえず、賃貸に出すか、ホテルコンドにするか決めていません。

ホテルコンドは運営がまだ先のようです。

賃貸に出せるなら賃貸に出したいところです。

内装をホテルコンドにできるレベルに改装するつもりです。

(またお金がかかります。しかたないですね。)

こんなところが海外の不動産投資の落とし穴です。

そして、管理会社さんにお願いして、賃貸付けをしてもらう。

賃貸付けがうまくいかない場合はホテルコンドで運営。

こんな感じで考えています。

もし、このブログを見ている人で、フィリピンのマカティでコンドミニアムを探している方がいて、私が住んであげてもいいよと言う方がいたら、メールください。m(_ _)m




8ニュータウンブルバードについて

8ニュータウンブルバードがかなりの転売物件が出てきているようです。

この物件を購入した方は1ドル80円の円高のときに購入しており、

返済計画も1ドル80円のレートで計画しているので、

現在の1ドル、103円のレートだとかなりきついと思います。

また、物件が完成すると残金の支払いの義務が発生するので、

残金も当初の金額に対して、日本円で見ると30%ぐらい増えているので、つらいかなと思います。

そんな中、物件の所得をあきらめて、転売している方が増えているようです。

転売価格は定価の20%引きもあります。

さて、この物件の見通しですが、

個人的には不安な点が多くあります。

それは

1、マクタンニュータウンの完成まには時間がかかる。
  8ニュータウンブルバードが完成しても、周りの街の完成は時間がかかり、
  しばらくは工事中の街の中で生活する必要がある。

  マクタンニュータウンの外側はフィリピンの所得に低い人が住むエリアで、
  日本人がショッピングを楽しんだりするにはギャップがある。

2、BPOオフィスに働く方の居住地として賃貸をするには。

  8ニュータウンブルバードの周辺は工場や会社はありません。
  8ニュータウンブルバードの利回りを10%でまわすには、
  月8万円ぐらい(物件にもよりますが)賃料を取らないと会わないと思いますが、
  ローカルの方はこの金額は払えません。
  そうするとBPOの駐在員を狙わないといけないと思いますが、
  マクタンニュータウンのBPO街がどうなるかは、メガワールドの誘致活動次第で、 
  メガワールドがどこまでやってくれるか心配です。

  それに8ニュータウンブルバードは500部屋ぐらいあるので、これがBPOの駐在員で埋まるか心配です。

3、リタイアメントの方の誘致について
  8ニュータウンブルバードは何と言っても、日本人のリタイアメントに住んでもらうのが一番のターゲットのようですが、
  これも心配。
  だいたい、500家族も誘致できるのか?

  オーナーさんで自分で住まれる方もいると思いますが、

  オーナーさんも40歳、50歳のオーナーさんは、10年、20年は賃貸で貸して、自分がリタイアメントしたら実際に住もうと思っている人はたくさんいると思うので、10年、20年はリタイアメントの方を誘致しないといけないのですが、これはメガワールドはできないので、オーナーみずから誘致するか、TMSさん任せになります。

4、ホテルコンドとしての利用
  こうなると一番に期待したいのはホテルコンドとしての利用になります。
  マクタンの東側はホテルの稼働率も高く、ホテル代も高いようです。

  だから、8ニュータウンブルバードのホテルコンドが成功するかというと、そうも思えません。

  8ニュータウンブルバードは海の近くですが、ビーチの前ではありません。せっかく、マクタンに来たなら、ビーチサイトのホテルに泊まりたいと思います。

  中には歩いていければ、いいと思う人もいると思いますが、マクタンの東側はホテルのプライベートビーチでいっぱいで、公共で一般の方が自由に利用できるビーチがほとんどありません。
  たとえば、こんなところ⇒http://www.excitecebu.com/2013/11/vano-beach-marigondon/

  メガワールドが開発している、ビーチも入るためにお金がいるかもしれません。(決まっていないようです)

  せっかく、ビーチの近くに泊まって、ビーチに入るのにお金がかかれば、残念です。
  プライベートビーチの利用料→http://cebupot.com/column/142

  だったら、シャングリラとかに泊まりたいと思います。

  どうやって、ホテルコンドとして、成功させるかは、メガワールドの協力と運営会社の腕にかかっています、簡単ではないと思います。




  

セブの市内見学

セブで泊まったホテルは港の近くで、街の中心部からはずれているようでした。

朝、歩いて街の中心部と言われるフェンテオスメーニャに。

道は悪く、雨のあとの水溜りが多いです。

家は古く、東南アジアの田舎を感じます。

こんな場所は今まで行った東南アジアにはありませんでした。

たとえば、バンコク、KL、ジョホールバル、シンガポールどれも近代化しています。

こんな古い街の感じがいいかもしれません。

中心部(フェンテオスメーニャ)に近づくと、お店や、コンドミニアムが並んでいます。

暑いのでコーラを飲むと、汗が吹き出てきます。

時間があるので、マッサージを。安いです。

マッサージのあとは、タクシーでアヤラセンターに。

大きなショッピングセンターです。

そのあとはタクシーで、マクタンのシャングリラまで。

マクタンのシャングリラについて、タクシーを降りて、ホテルのロビーに。

リゾートホテルとしていい感じです。

そのあと、外にでて、8ニュータウンブルバードに。

シャングリラの前にバイクタクシーのトライシクルが待っていて、値段を聞いたら、

50ペソというので乗ってしまいました。(あとで反省。ぼられました。)

8ニュータウンブルバードは工事が順調に進んでいるようです。

マクタンニュータウンの一部は完成して、マクドナルドやBPOのオフィスもありました。

8ニュータウンブルバードに近づいて、写真を撮ろうとしたら、工事中で立ち入り禁止とのこと。

バイクタクシーの運ちゃんが、モデルルームがあると言うことで、モデルルームを見学。

なかなかいい感じの部屋でした。

メガワールドの販売員の方に買う気はないかと聞かれ、日本で買うと言ったら、

日本で買うと代理店の手数料が取られるから直接買った方が安いと言われましたが、

日本に帰って、価格を調べたら、日本は転売物件があり、ディスカウントになっていて、

日本の方が安かったです。

メガワールドとしては、販売直後にほとんど売れた、人気案件なので、強気の価格設定を感じました。

そのあと、バイクタクシーにマクタンの街を案内してもらい、いろいろ回ってもらったのですが、

最後降りるときに、法外な請求が、だいぶ長い時間案内してもらったので、

現地にしては十分すぎるお金を払って、下りました。

マクタンからホテルにタクシーで戻ったのですが、ホテルの名前を忘れて、近くのSMショッピングセンターでおろしてもらいました。

SMショッピングセンターは大きなショッピングセンターです。

ホテルまで、歩いて帰って、15分ぐらいかな。

夕食は、どうしようと思いましたが、近くにないので、また、SMショッピングセンターまで行って、

夕食を食べました。

一人で、食事でしたが、日本円で700円ぐらい。

現地にしたら、高額ですが、それでも、店はいっぱい。

フィリピンの景気のよさを感じました。(と言っても給料はそんなに多くないはずなので、不思議です。)

そのあと、SMショッピングセンターの近くのマッサージやでマッサージをしてもらい、

ホテルに戻りました。

これでセブの市内見学はおしまいです。




フィリピン、グローバルシティで利回り9%の物件

この前紹介したフィリピンの不動産を紹介するサイトコンドマカティネットで
入居者付き、利回り9%の物件が売りに出されています。

場所はフィリピンのグローバルシティ(フォートボニファシオ)。

14階で2ベッドルームのこの部屋は、
現在、入居者がいて、
8万5千ペソ(約19万6000円)で賃貸されているそうです。

この物件の値段はP11,301,700(約2600万円)
1平米、1300ペソです。

このエリアでこのクラスだと、この程度の値段になりますね。

現金があれば、ほしいのですが、残念ながら、2600万円も現金を持っていないので、
僕には買えません。

部屋の中は今、居住者がいるので、写真は見せることができないそうです。

共有部分はこんな感じだそうです。

WS000049

The Infinity / 2BR/入居者付き利回り9%物件
詳しくはこちら(コンドマカティネット)で確認してください。
↓↓↓↓↓↓
http://condomakati.net/?realestate=the-infinity-2br86sqm14f-with-lease-contract




セブに移動

当初の予定では6時に終了ということだったので、7時半の飛行機を予約していましたが、万が一のことがあってはいけないので早めに行ったらいいということで、3時間前に到着しました。

はじめてのセブパシフィックになります。

自動チェックイン機があったので、触ってみましたが、使い方が分からないので、カウンターに行こうとしたら、おじさんがやってきて、親切にチェックインしました。

座席は無料で自由に選べるようで、1Aを選びました。

そして、空港内を見学。

JALのターミナル1は古いのですが、ターミナル3は最新で、お店も多く綺麗です。

インターネットも通じます。

セブパシフィックは国内線は

45分前にチェックインカウンターがしまり、

30分前に搭乗、

15分前にゲートがしまるそうです。

時間は厳守で乗れないこともあるようです。

早めに行って、ゲートの前で待っていました。

飛行機の搭乗はバスで。

席は一番前、

飛行時間は1時間30分。

順調に到着。

飛行場からホテルは500ペソ払ってしまいました。

ひょっとしたらぼられたかもしれません。

ホテルは港の近くで、ひと気の無いところでした。

食事をしようとホテルの周りを歩きましたが、レストランがなさそうなので、
ホテルの中で食事をしました。

そして、お休みです。

ワンセントラル引渡し~ビーコン見学

とりあえず、検査と契約書のサインと運営方法の打ち合わせが終わったので、

現在、CPM社が運営しているビーコンという、コンドミニアムの見学いきました。

ビーコンはワンセントラルよりも早く売り出し、部屋の広さも狭く25平米ぐらいで、値段も安い物件です。

場所がリトルジャパンの近くで、単身の日本人に暮らしやすい場所のようです。

ビーコンはビーコン1とビーコン2の2つからできていて、1200世帯が入っているそうです。

玄関に入って、郵便受けの量にびっくりです。

話によると朝のエレベーターの混雑は半端ではないようです。

最初に1番上にあがりフィリピンの街を見渡しました。

ビーコン1は46階、ビーコン2は48階なので、見晴らしはいいです。

こちらが南側(飛行場)から東側(マカティ、ロックウェル、グローバルシティ)の風景

こっちが西側マニラ湾側です。

部屋は運営している部屋を見せてもらいました。

25平米で、一人で住むには問題ない部屋かなと思います。

次の共有エリアの見学で、プール、ジムなどを見学。プールはワンセントラルよりもいいです。

これはビーコンは居住用につくられたもので、ワンセントラルはビジネスマンの向けに作られたためで、ワンセントラルはプールの施設に重点はおいていないそうです。

そのあと、フィリピン空港ターミナル3の前のメガワールド社が開発しているリゾーツワールド・マニラの車で見学して、飛行場に送ってもらいました。

ワンセントラル引渡し 昼食~運営方法打ち合わせ

ワンセントラルの引渡し確認が40分ぐらいで終わったので、早めに昼食に。

昼食はフィリピン料理に。

Kさんにフィリピン証券取引所のビルにある、フィリピン料理屋さんに

1つはピーナッツ味の海鮮料理。

1つはオイスターソースの牛肉料理とゆでたニガウリ料理でした。

どちらもおいしかったです。

値段は今回の引渡し確認ツアー(2500ペソ)の中に入っていました。

昼食後、関連する契約書にサインをこれは販売会社のグローバル社の担当のEさんとやりました。

そのあと、運営方法の打ち合わせ。

CPMのCEOのFさんと打ち合わせです。

賃貸がいいか、サービスアパートメントがいいかですが、いろいろ話を聞きました。

アドバイスをいただき、方向性を決めました。

ここで分かったことは、引渡しがはじまったら、できるだけ早く引き渡しをする方がいいことが分かりました。

僕は、今回引き渡し通知が来て、2ヶ月後に引渡し確認をしたのですが、引渡し通知がきたら、即、フィリピンに来て引渡し確認をするべきでした。

今回、ワンセントラルの部屋は約500室。

グローバル社が200部屋ぐらい販売しており、

この200部屋が市場にでたら、供給過剰になるので、供給過剰になる前に賃貸付けができるとよかったのですが、、、

さて、どうなるやら、

実際、今回は僕はここで契約書にサインしたのですが、

すべて持ち帰り、家内が日本でサインをして、

マカオに送り、マカオで認証作業をして、こんどは前の所有者様がサインして、それをまたマカオに送り、認証作業をして終了。

そして、今回の指摘事項の修理とあわせて、鍵の発行になるのですが、早くて、9月中旬とのことです。

そこから、賃貸付けやらサービスアパートメントの運営が始まるわけです。

実際にお金が入ってくるのは早くて、今年の末ぐらいでしょうか?

まだまだ、先の話です。

ワンセントラル物件引渡し確認に行ってきました。

7月23日から7月26日まで、フィリピンの不動産ワンセントラルの引渡し確認に行ってきました。

全体のスケジュールは

7月23日 移動 成田-マニラ JL741 カバヤンホテルパサイ泊
7月24日 マニラマカティ ワンセントラル引渡し確認、
             運営方法打ち合わせ
             ビーコン見学
     移動 マニラ-セブ 
7月25日 セブ 市内見学、マクタン見学
7月26日 帰国 セブ-マニラ-成田

でした。

今回、関係した会社さんは4社
メガワールド社 フィリピンNo2の不動産施工会社。今回のワンセントラルを建てた会社です。
グローバルアジアインベストメント(グローバル社) 僕にこのワンセントラルを売った不動産管理会社
TMS社 フィリピンの不動産会社で、グローバル社と提携している不動産管理会社
CPM社 TMS社の関連会社で不動産の運営管理をする会社

多いですね。

ホテルにピックアップはCPM社のKさん。日本が上手なフィリピン人。聞くと、生まれも育ちも日本だそうです。感性も日本人と同じなので話は微妙なコミニケーションも問題なし。

引渡し現場、ワンセントラルには早めに到着。
そこに、グローバル社のEさん到着。時間があるので、簡単に契約書の説明をしてもらいました。

そのあと、TMS社のEさん、到着。引渡し検査の検査をやっていて、もう、100部屋も検査しているそうです。
だいたい、どこに問題があるか、十分把握していました。

最後にメガワールドのRさん到着。

そこで、引渡しの部屋に入って、検査を。

まあ、まあ、綺麗にできています。

どんな基準でいいか悪いか、困っていると、TMSのEさんがチェックシートを基にチェックをしていきます。

ここの塗装がのっていないとか、押入れ上段のとびらにガタがあるとか、洗面所に下の収納場所の上のところに敷居板がないとかいろいろ見つけています。

さすがに100回も検査していると本当に慣れているようです。

僕が来るまでも無かったようです。

僕もEさんのまねをしてチェックすると、ベッドルームのとびらに変色のあとがあったりしました。

とりあえず、TSMのEさんが指摘事項をまとめて、メガワールド社に提示。

修正依頼をしました。

修正後の再確認はTSM社に依頼をしました。

フィリピンセブのコンドミニアム8ニュータウンブルバードの転売案件について

グローバル社より、フィリピンセブのコンドミニアム8ニュータウンブルバードの転売案件について案内がありましたので、価格表を取り寄せてみました。

感想は
・転売案件が多い
・商談中は市場価格の20%引きが多い。
 ということは、実際の市場価格は、グローバル社がいう値段の20%引きか。
・平米単価が高い(マニラとあまり変わらない)・・・当然、物件の質があり、一概にマニラと比べるものでもないかもしれませんが、、

完成後、賃貸がつかなければ、もっと売り物が出てくる可能性がありますね。

賃貸がついて、この賃貸料で銀行ローンを返すつもりで、購入している人は万が一、賃貸がつかないと
もしくは賃貸がついても、当初の想定している金額より下回ると、維持できなくなって、売りに出す人がでるかもしれません。

しばらく、様子をみたいです。

また、場所を見ないと判断できないところがありますので、次回、フィリピンに行くときは、実際の建物や、周辺環境をみてみたいと思います。




アヤラ不動産の支払いの領収書

IMG_2557

アヤラ不動産は、フィリピンナショナルバンクより小切手で支払いをしています。

その領収書は毎月郵便で届いています。

そう意味では非常に安心です。

逆に、メガワールドのワンセントラルはグローバル社に支払いをしていますので、グローバル社から領収書が届きますが、メールの添付書類で届きます。

これっと本当に大丈夫か心配になりますが、実際に今のところ、問題になっていないので、いいのですが、ちょっと心配になります。

フィリピン不動産のコツは、間に業者を入れずに直接、不動産会社とやるのがいいかなと思います。

まあ、それだと、言葉の問題とか、不動産会社の対応力とかも取引できるできないの課題になるかと思いますが。




【注目】フィリピンの不動産の情報サイトができました。

コンドマカティ

今までフィリピン不動産というと、不動産屋から、
プレビルドだと完成するまでのリスクがあるから販売価格の3割引で買える。

無事ターンオーバーして、売ると、すぐに利益がでると言われて買っても、

実際にターンオーバーしたら、今売っては儲からない、投売りになるとか言われ。

販売価格的には利益がでる計算でも、実際にいくらで売れるか分からないのが不動産の世界。

そして、賃貸にだしても、平米10000ベソだの、言われても、実際に貸してみないと分からないと言われ、

実勢価格が分からなかったのですが、

ついに、フィリピンの不動産の情報サイトが完成しました。

まだ、完成したばかりで情報は少ないのですが、これから充実していくと思います。

フィリピンの不動産投資を考えている方、

すでに、不動産の案件をお持ちの方などおすすめのサイトです。

http://condomakati.net/?afid=huangmu136




太陽光発電事業で日本政策金融公庫さんから融資の書類が届きました。

日本政策金融公庫

フィリピン不動産投資と関係ありませんが、太陽光発電事業を始めるにあたり、日本政策金融公庫さんから書類が届きました。

いろいろ集める書類があって大変です。

とりあえず一歩すすみました。




ワンセントラルの引渡しガイドブックが届きました!引渡しは7月~9月の予定

ワンセントラル書類

先日、ワンセントラルのユニットオーナー様という宛名で、ワンセントラルの引渡しガイドブック一式が届きました。

中身は
1、案内文
2、フィリピン不動産 ワンセントラル引渡し手続きのご案内
3、ワンセントラル 引渡しのためのガイドブック
4、ワンセントラル 銀行ローンをご希望の方へ
5、オーナー様資料物件管理
が届きました。

4月8日現在28階までのユニット引渡し通知書が発行されているそうです。
僕の階(33階)ははいったいいつ引き渡し通知書が発行されるのでしょうか?(ここで聞いてもしょうがないのですが)

結局、いつ引渡しになるのか、7月から9月の予定になっていますが、
あくまでも予定で、確定はいつでるのか分かりません。

とは言え、夏には一回フィリピンに行くでしょう。
で、せっかく行くなら、セブとかボラカイ島にも行ってみたいですね。




サブコンテンツ

このページの先頭へ